HOME > What's new! > キッズヨガ復活!

What's new!

< 特別レッスン講座のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  解剖学基礎~ピラティス~復活! >

キッズヨガ復活!

.
17.png
.
.
~復活しました!小学生ヨガ~
.
.
―――――★―
.
小学生ヨガ
―――――――
.
◆内容:常温ヨガ45分
◆料金:1000円(税込)
.
.
基本的なヨガの呼吸とポーズを行います。
・立ちポーズ
・バランスポーズ
・座りポーズ
・寝ポーズ
・かんたんな瞑想
があります。
.
★-★-★子供とヨガについて★-★-★
.
①目と脳の疲労
現代は子供のような年齢でも、
ストレスを抱えやすい時代です。
学校や塾ではパソコンで授業を受け、
普段はゲームやスマホを触っていたりすると、
長い時間、目と情報処理を行う脳にも負担がかかります。
.
このようなストレスは不眠を招いたり、
判断能力を低下させると言われています。
鈍ったり無自覚にストレス溜まります。
.
②肉体疲労
今、小学生の筋力低下が問題視されており、
小学生でも肩こりや腰痛を抱えるという事態になっています。
姿勢が歪んでいたり、小学生にして
危険なレベルで肥満になってしまうお子さんもいらっしゃいます。
.
③心の疲労
呼吸が浅い人は大人も子供も問わず増加傾向にあります。
特に子供のころから呼吸が浅いと、
感情のコントロールがうまくできず、
引きこもりやうつ、
社交性や協調性の低下、
キレやすいなど、
本人の意図していない感情が出てしまうことがあります。
.
.
このようなストレスは無自覚に溜まります。
ヨガでは呼吸を第一に考え、
深く吸って・深く吐く呼吸を行います。
そうすることで脳に酸素を行き渡らせ
精神的ストレスを軽減させてくれます。
.
そしてヨガのポーズでは、
これから身体の土台となる骨や筋肉を丈夫にするサポートになるような動きを行います。
循環機能、神経の機能の発達がある時期に運動することはとても大切です。
.
ヨガの呼吸で、
脳の疲れをリセットし
ヨガポーズで、
体の疲れをリセットし
小さな体では抱えきれない心の疲れやしがらみを取り除いてゆきます。
.
.
.
※初めてのご来店の際は、保護者様もお越し願います。 .
.

.
.
#carmelhotyogaclub #carmelyogashool #yoga #kidsyoga #小学生ヨガ #キッズヨガ #滋賀 #ヨガ いいね!28件 okushi_carmel . . . ~復活しました!小学生ヨガ~ . . ―――――★― . 小学生ヨガ ――――――― . ◆内容:常温ヨガ45分 ◆料金:1000円(税込) . . 基本的なヨガの呼吸とポーズを行います。 ・立ちポーズ ・バランスポーズ ・座りポーズ ・寝ポーズ ・かんたんな瞑想 があります。 . ★-★-★子供とヨガについて★-★-★ . ①目と脳の疲労 現代は子供のような年齢でも、ストレスを抱えやすい時代です。 学校や塾ではパソコンで授業を受け、 普段はゲームやスマホを触っていたりすると、 長い時間、目と情報処理を行う脳にも負担がかかります。 . このようなストレスは不眠を招いたり、 判断能力を低下させると言われています。鈍ったり無自覚にストレス溜まります。 . ②肉体疲労 今、小学生の筋力低下が問題視されており、 小学生でも肩こりや腰痛を抱えるという事態になっています。 姿勢が歪んでいたり、小学生にして危険なレベルで肥満になってしまうお子さんもいらっしゃいます。 . ③心の疲労 呼吸が浅い人は大人も子供も問わず増加傾向にあります。 特に子供のころから呼吸が浅いと、感情のコントロールがうまくできず、 引きこもりやうつ、社交性や協調性の低下、キレやすいなど、本人の意図していない感情が出てしまうことがあります。 . . このようなストレスは無自覚に溜まります。 ヨガでは呼吸を第一に考え、深く吸って・深く吐く呼吸を行います。 そうすることで脳に酸素を行き渡らせ精神的ストレスを軽減させてくれます。 . そしてヨガのポーズでは、これから身体の土台となる骨や筋肉を丈夫にするサポートになるような動きを行います。 循環機能、神経の機能の発達がある時期に運動することはとても大切です。 . ヨガの呼吸で、脳の疲れをリセットし ヨガポーズで、体の疲れをリセットし 小さな体では抱えきれない心の疲れやしがらみを取り除いてゆきます。 . . . ※初めてのご来店の際は、保護者様もお越し願います。 . . . . #carmelhotyogaclub #carmelyogashool #yoga #kidsyoga #小学生ヨガ #キッズヨガ #滋賀 #ヨガ

< 特別レッスン講座のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  解剖学基礎~ピラティス~復活! >

このページのトップへ